【徒然日記】アレクサと私

最終更新: 6月16日

アレクサ導入のハードル!?

新型コロナウイルスが流行し、行動が制限されたのですが、家族といる時間が増えて楽しいこともたくさんあるます。 仕事が忙しくてできなかったこともチャレンジしてみようかな。って。 以前から気になっていたAmazonEchoを自宅に導入しました。 「スマホにでさえ話しかけたことがないのに、使うかな?」って思っていたのですが、 意外にあっさり馴染みました(笑) 「アレクサ、音楽かけて」 とか、

「アレクサ、テレビ消して」 なんてものは、かなり楽です。 いちいちリモコンを探す必要ないので、ワンステップ削除された感じです。







アレクサ導入のメリット・デメリット

導入して良かった点

導入してよかったなって思うのは、大きく3つ

① 音楽がある家になった  私も妻も音楽は好きなのであるが、気軽にきくことができなかった。  AmazonEchoはそれ自体がスピーカーなので置くだけで利用できる。  この手軽さはとてもよい。  なんか寂しいなって思ったら、「アレクサ音楽かけて」っていえばいいのだ。


② 子供から連絡がくる  入力が、「音声」であるということは、子供でも気軽に使える。  これは新しい発見で、「アレクサ、ドラえもんの音楽かけて」って、  娘が話しかける頻度がかなり高い。  キーボードを使えるようになるには、まだまだ先出し、  フリック入力も言語が理解できないと使えない。  でも、音声は小さな子どもでも使えるのだ。  そういえば、実家の母親も使っていた。  老若男女が使えるっていうのはとても素晴らしい。 ③ 音声入力を使うようになった  音声入力はなんか恥ずかしいし、使わないんだろうな・・・  って思っていのですが、使い始めたらもう離れられない。  スマホにも、「Hey, Siri」だし、AppleWatchにも話かけちゃう。  これは、新しい発見であるし、前進である。


導入して悪かった点

悪いことはあんまりないのであるが・・・ たまに娘が、私に向かって、「ねえ、アレクサ・・・あ、パパだった」っていわれるのが、

ちょっとさみしい。



Copyright ©2020 Minato Co., Ltd. All rights reserved