【Minatoの流儀】学び続けること

はじめに

いつもありがとうございます。

株式会社Minatoの中明です。


Minatoが大切にしていることは「成長」です。

「個人の成長」「組織の成長」、そして、「会社の成長」です。


株式会社Minatoは5期目まで平均売上成長率130%を達成していますが、この成長の原動力は「個人の成長」「組織の成長」がうまく機能した結果だと考えています。


もちろん、成功ばかりではありませんでした。

しかし、失敗からも学び、改善をし、さらに挑戦してきたからこそ、「個人の成長」、「組織の成長」ができたのだと考えます。その結果が、「会社の成長」です。


多くの学びは、業務からが多いのですが、組織としても「個人の成長」を促すべく勉強会を実施しています。




今まで実施した勉強会について

Minatoの勉強会は、システム開発の領域だけに限りません。 方針として、「世の中の仕組みを理解すること」に重点をおいており、ビジネスや労務、会計などの勉強を専門の講師をお呼びし実施しています。

※細かい内容については、別途勉強会ブログを作成して共有して行こうと思います。


2019年7月1日より月に2回くらいのペースで実施しています。






学び続けること

昨今、「学び続けること」の重要性が増しているように感じています。

日本の労働人口の体型が大きく変わってきているからです。

少し前であれば、20代、30代がバリバリ働き、40代で管理職、50代は定年にむけてっというのがセオリーだったと思うのですが、


少子高齢化、人口減少を鑑みると、今の30代、40代は、定年になるまで労働力の一翼を担わなければいけない世代だと思います。


世の中の変化が早くなっているというのも一つの要因かもしれませんが、「学び続けること」こそ、生き抜いていく力になる時代だと考えています。


Minatoが組織としてできることは、「学びの機会を与えること」だと考えています。




おわりに

アインシュタインは下記のように言っています。

学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる」

私も若い頃は何でもできるし、何でもわかっている気になっていました。 自信だけは人並み以上にあったのだと思います。


ですが、多くの人に出会い話せば話すほど、また、多くの本を読めば読むほど、自分は何もできないこと、何も見れていなかったことに気が付かれます。


「無知の知」


出来ることを増やすだけでなく、出来ないことを知ることも「成長」なのかもしれませんね。




Copyright ©2020 Minato Co., Ltd. All rights reserved