【徒然日記】自由と責任について

最終更新: 6月16日

はじめに

いつもありがとうございます。

株式会社Minatoの中明です。


最近、コロナ渦ということで、株式会社Minatoは社員全員が「テレワーク」を行っています。お客様のプロジェクトを進めている人もいれば、組織の管理系の仕事を進めている人もいます。

私は、「流山おおたかの森」にオフィスを新設したので、そこから「リモートワーク」をして、会議などをZOOMにて行っています。 気がつくと、遅くまで仕事をしていることが多くなりました。


今は、「自由ある行動」したいというより「責任ある行動」をしなければいけないと感じています。

そういえば、少し前に会社のキックオフで「自由と責任」について話したのを思い出しました。





「自由」と「責任」について

まず、言葉の定義から、


「自由」とは 他から束縛を受けず、自分が思うままに振る舞えること。

「責任」とは 人や団体が、なすべき務めとして、自身に引き受けなければいけないもの。責め。

だそうです。


私自身で考えると、昔に比べて束縛する人もいないし、結構自由だなって思います。Facebookの投稿とか見ている人は、何をしている人なんだろう?って思う人もいるかも知れませんね。

ですが、会社のリーダーとして責任は重大です。一つ判断をミスれば、私の家族だけでなく、社員は露頭に迷うことになります。お客様にも迷惑をかけることになります。


あれ?「責任」から考えると、私って「不自由」ですね・・・


責任が重く、不自由って最悪な気もします。

しかし、私は不自由って感じたことはないですね。


自分がやりたいこと(信念)に従って行動できてますし。

逆に、責任が軽い場合は、自由と感じるのでしょうか?

私がサラリーマンだったとき、責任は軽かったですが、不自由だった気がします。

自分が思うことは否定され、思うように進めれなかったですし。


うーん。

どうやら、「自由」には、「身体的自由」と「精神的自由」っていうのがありそうです。

そして、「責任」には、「個人的責任」と「社会的責任」っていうのがありそうです。




さいごに

もう、遅い時間で頭がまわらないので、一旦ここまでで止めておきますが・・・ 「自由」と「責任」については、今後も取り扱っていきたいと思います。


経営をしていると、この2つの壁にすぐぶち当たります。 中明さんは自由でいいですね。とか言われます。 では、同じ責任を担ってください。っていう話になりますよね。


「自由に仕事をしたいです」と言わることもあるのですが、社会的責任もついてまわるということをおざなりにしてしまっては、無責任ってものですからね。






っということで、責任ある仕事をして自由な発想で仕事がしたい人は、「Minatoに相談だ!」


Copyright ©2020 Minato Co., Ltd. All rights reserved